【IoT家電製品】SwitchBotで家のスイッチをスマホで操作【一人暮らしのミニマリスト】

家のスイッチを遠隔で操作したい
家に帰ってすぐにお風呂に入りたい
家に帰ってすぐにホカホカのご飯を食べたい
オートロックを鍵なしで開けたい
こういった要望に、お答えします。

【IoT家電】家のスイッチをスマホで操作 IFTTTも対応 【スマートハウス】

【IoT家電製品】mornin’ plus(モーニンプラス)で、カーテンを自動開閉【一人暮らしのミニマリスト】

・本記事であなたが得られること

IoT家電で、家のスイッチを自動化できます

・記事の信頼性
実際に、私が1年間使って発見した、メリットデメリットをご紹介いたします。

1人暮らしのまま、憧れの「ご飯にする?お風呂にする?」を実現しました。

長時間労働で、家にいられる時間が短い。
体を休めるために、家事使う時間をなるべく短くしたいなあ。。。と感じていた私を救ってくれたのが、IoT家電です。

控えめにいって、IoT家電による、家のスマート化によって、体調が改善しました。

炊きたてのご飯が食べたいな。

炊きたてのご飯が食べたいよう。
でも、でも、家に帰ってから、炊き始めたら、30分待ってか。。。
じゃあチンのご飯にしよう。弁当にしよう。

美味しいご飯を食べることを諦めていませんか?
長時間労働だからこそ、
家で休める時間がないからこそ、
栄養価の高い食事を摂ることは、とても重要ですよ。

僕も実際、お弁当ばかり食べていたら、見事に体調を崩しました。
体調を崩すと、会社からは怒られます。
仕事頑張って、体調を崩して、体調管理すらできないと怒られて。
何も良いことがありません。

炊きたてのご飯を食べましょう。
Switch botで解決です。

炊飯器の予約機能では、事前に帰宅時間が分からないためNGです。
今日は19時に帰られるのか、21時なのか、23時なのか、終電なのか。
話は脱線しますが、あなたがいてくれるお陰で、この住みやすい社会は回っています。
いつも、ありがとう。頑張ってくれて、ありがとう。
いつも頑張っている、あなたが体調を崩すのは悲しいです。
炊きたてご飯を食べましょうね。

炊きたてご飯を食べる手順

手順は簡単です。
1.炊飯器と無洗米を用意してください。
2.炊飯器のスタートボタンにSwitchBotを取り付けます。
「スタートボタンが曲面だから、ちゃんと張り付くか不安だよ。」
という不安には自信を持って、大丈夫と断言します。
むしろ、位置がズレたまま、ギュッとSwitchBotを固定すると、外すのが少し大変です。
素材によっては、割れてしまうかもしれないくらい、粘着は強力です。
米は無洗米でなくても構いませんが、研ぐ時間がもったいないので、無洗米にしましょ。
3.寝る前か、朝出発前に、1合分のお米と1合分のお水を炊飯器にセットしてください。
4.あとは、帰宅時に会社を出たら、スマホでSwitchBotの炊飯器ボタンを押すだけです。
家で、炊飯器のスタートボタンが押されて、スタートします。
作動したのか不安という方もご安心ください。
作動確認通知がすぐ表示されるので、押せていなかったや、二度押してしまった。
ということがないようにできています。
大丈夫ですよ。
これだけの手順で、
SwitchBotなら、帰ってすぐに炊きたてを食べられます。
あなたの体がいつも元気ならば、私は幸せです。

帰宅してすぐに暖かいお風呂に入りたいな。

あー、寒い...。
外の気温は5度で、手がかじかんでしまった。
早くお風呂に入って暖まりたい。
でも家に帰って、風呂の支度をするのに30分か。。。
シャワーだけで諦めようかな。

お湯でゆっくりすることを諦めて、体を休めることを疎かにしてませんか?
寒い中帰ってきたあとに、シャワーだけ浴びても体の芯まで暖まれませんよ。
そんな問題もSwitchBotで解決しましょ。

すぐに暖かいお風呂に入る手順

お風呂の手順は、炊飯器の時よりももっと簡単。
1.お風呂の操作パネルの「自動」ボタンに、SwitchBotを取り付けます。
2.前日、お風呂から上がる際に、バスタブを洗って、栓を締めておきます。
ちなみに、バスタブが乾く前に掃除をした方が、掃除が短い時間で済むので、
風呂上がりに掃除を済ますのは、とてもオススメですよ。
3.あとは、会社から帰宅する際に、スマホでお湯はりボタンを押すだけです。
こちらも同様、動作確認通知が届きます。
ボタンを押せたこと確認したら、あとは、帰るだけです。
家に着いたら、あなたの冷え切った体を、暖かいお風呂が抱きしめてくれますよ。
あなたの冷えた体が、暖まりますように。体が休まりますように。


もう鍵を無くしたくないな。

鍵を無くすのって、怖いですよね。
無くしたら数万円の鍵交換費用が掛かりますし、
オートロック付きの集合住宅ですと、届け出など。。。
大変です。
鍵は家に置いておきましょう。
スマホで鍵を開けられるようにしたら、鍵を無くさずに済みますからね。

鍵を無くさない手順

手順はこちらも簡単です。
1.お家の「オートロック解除」ボタンに、SwitchBotをセットしましょう。
2.帰宅時、オートロック扉の前に着いたら、自分のお部屋の番号を押してください。
3.スマホでオートロック解除ボタンを押します。
これだけで、オートロックが開きます。

もう鍵を無くすような不安を抱えなくても大丈夫ですからね。
部屋の鍵に関しては、別のIoT家電を使うことで、スマホで開けることが出来ます。
こちらを参考にしてくださいね。

https://offlog.org/minimalist-smartlock/

洗濯物を干すために、起きていたくないな。

眠いな。。
洗濯しないといけないけど、干すまで寝るの我慢できない。
寝ようかな。。
でも、今日洗濯しないと着る服がなくなっちゃう。。。
うんん、眠気と戦いながら、洗濯しなきゃ。。。

体を酷使していませんか?
そんな、辛い事態も、SwitchBotで解決です。

帰宅してすぐに洗濯物を干す手順

こちらもやり方は、シンプルです。
1.洗濯機のスタートボタンに、SwitchBotを取り付けましょう。
2.朝、出発前に、洗濯物を洗濯機の中に入れておきましょう。
3.洗剤と柔軟剤を洗剤トレイに入れておきます。
4.あとは、帰宅するとき会社を出たら、スマホからスタートボタンを押すだけです。
※2回押す必要がある場合が多いかもしれませんね。(もしも、電源ボタンとスタートボタンが別の場合、SwitchBot二つにすれば、対応できるので、心配しなくて大丈夫ですよ。)
ちゃんと、作動確認通知が届くので、2回作動させたら、洗濯機が回り始めます。
事前に、洗濯の設定を自分好みのものを、設定しておくと洗濯機がそれ通りにやってくれます。
もしくは、おまかせのままスタートでもいいと思います。
5.帰宅して、脱水が終わった洗濯物をすぐに干せます。

これで、洗濯物を干すために、起き続けておく手間が省けますね。
睡眠時間も増やせたでしょうか。


朝起きてすぐにコーヒーが飲みたいな。

朝のコーヒー、絶対飲みたいけど、時間がないときは、諦めてるな。。。

そんな方にも朗報です。
SwitchBotがあれば、朝起きた時に、いい香りのコーヒーがすぐに飲めます。

朝起きてすぐにコーヒーを飲む手順

やり方は、こちらも簡単。
1.コーヒーメーカーのスタートボタンにSwithBotをセットします。
2.前の晩に、コーヒーメーカーの水タンクに水を入れてください。
3.前の晩に、豆をセットしてください。
4.スマホで作動予約を決めておくだけです。
例えば、朝7時になったら作動する。という形にしておけば、
7時に起きて、すぐにコーヒーを飲むことができます。
この上ない、気持ちのいい朝のスタートですね。
今日が、良い1日になることを願っております。

まとめ

【IoT家電製品】mornin’ plus(モーニンプラス)で、カーテンを自動開閉【一人暮らしのミニマリスト】

この記事では、
・IoT家電に興味があるよー
・家をスマートハウス化したいなあ
・どんなものがあるかわからないよー
という方に向けにSwitchBotで出来ることご紹介いたしました。
SwitchBotで叶えられる要望は、
1.炊きたてのご飯が食べたいな。
2.帰宅してすぐに暖かいお風呂に入りたいな。
3.もう鍵を無くしたくないな。
4.洗濯物を干すために、起きていたくないな。
5.朝起きてすぐにコーヒーが飲みたいな。
です。

SwitchBotがあるだけで、僕の体調は劇的に改善しました。
これなしでは、生きていけません。
忙しい皆さんの体が、少しでも安らぎますように。
ぜひ、使ってみてください。



SwitchLinkは、WiFiに接続して、世界どこからでもSwitchBotを操作することを可能にしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました