食費の節約方法 海外移住 一人暮らしの生活費

食費の節約方法 海外移住 一人暮らしの生活費


食費を月間約2万円にまで節約
している、私の食費を押し下げてくれている、食品群を紹介いたします。こちらのページの日本円は、為替レートをAUD=80JPYで換算しております。

生活費全般に関しては、こちらの記事で紹介しております。

玄米

私は、基本的に玄米ばかり食べています。
こちらのWoolWorthの玄米は、1㎏2.5ドルで、日本円だと200円くらいです。この米だけで、5食くらいの食事は、賄えます。
なんとなく、食物繊維やミネラルなどが白米より多かったらいいなと思って、玄米を食べています。
味に関しては、日本の白米と比較をすると、断然美味しくないです。ただ、安い米にありがちな臭みやエグみが全くないので、食べやすいです。
やっぱり、DB(ドメスティックブランド)は、オーストラリアでも最安で最高です。

白米

日本でよく食べられている米は、英語ではSticky Riceと呼ばれていて、米の長さが短く、Short Grainと呼ばれていて、スーパーでは種類が少ないです。タイ米っぽいLong Grainや、中間のMedium Grainが主流です。
そんな中でも、全国チェーンのWool Worthでは、Sun Riceブランドの白米が750gで3.5ドルで、280円で売られています。
なんと、コシヒカリも売られているのですが、750gで4.5ドル、360円で売られています。日本で買うよりは高いですが、なかなかお手頃ではないでしょうか?
味に関しては、(私が持つ炊飯器の質が低いので、日本の味とはかけ離れていますが、米自体は、)十分美味しいです。

パン

パンも、安心のDB。
私は、食物繊維の多い、複数の穀物で作られているパンを食べています。
こちらは700gで2.2ドル、176円です。量的には、2斤ぐらいあるので、1斤88円と思うと激安です。
ほかにも、もっと安いパンはありますが、炭水化物で健康に気を使うほうが、野菜を購入するよりも、金額が抑えられるため、玄米やパンで健康部分に気遣っています。
味に関しても、サンドイッチ用に使っていますが、とても美味しいです。

ラーメン

こちらが、食費節約キングだと思っています。
乾麺のラーメンですが、こちら1袋に5パックで1ドルです。1パック0.2ドル、16円です。異常な安さです。味に関しては、日本の乾麺ラーメンと比較をすると、劣ってしまいますが、とはいえ美味しいです。
かやくも入っていない麺なのですが、小腹がすいたときに、乾麺1袋16ドルで食べれるのは、素晴らしいですよね。

野菜

私は、飽きずに、ほぼ毎日サンドイッチを食べています。
なので、基本的に野菜は、サンドイッチで使用するものだけを購入しております。
一人暮らしでの野菜購入は、使わないまま時間がたって、最後のほうは苦くて食べれなくなってしまうのは、あるあるだと思いますが、WoolWorthで購入できる野菜は、時間がたってもみずみずしく、美味しいです。1人暮らしには、とてもありがたいです。

レタス

こちらのレタスは、2ドル、日本円で160円です。サンドイッチに挟む程度の量であれば、サンドイッチ10個分くらいは、使えます。
根っこがついてくる分なのか、1週間くらいは、みずみずしさをキープしてくれます。
味は、とても美味しいです。時間がたっても、苦みが全くありません。
ちなみに、こちらより大きいサイズのレタス(日本でよく目にする形のレタス)が、3ドルで、日本円で240円で売られています。

トマト

こちらのトマトは、100gあたり0.59ドル、47円で購入できます。
こちらのトマトもレタスのように、味がとても美味しいうえ、時間がたってもぐじゅぐじゅになったり、味が悪くなったりしません。

赤たまねぎ

こちらの赤たまねぎは、1㎏バッグを3ドル、240円で買えます。
味も、とても美味しく、白たまねぎと比べると生で食べたときに辛さがキツくないので、生でも美味しく食べられます。
毎日のようにサンドイッチで赤たまねぎ半個~1個を食べる私でも、3週間は持ちます。
トマトやレタス同様、最後の赤たまねぎも、鮮度が高いまま長期間持ってくれるので、助かっています。

ソーセージ

お肉は、正直ソーセージ一択です。1.8㎏で、9.5ドル、760円と爆安です。
味は、残念ながら美味しくはありません。ただ、不味くて食べられないというほどではないため、私は、よく食べています。

チーズ

チーズは、様々な種類のチーズが売っていますが、こちらのスライスチーズが安さと使いやすさを兼ね備えている、最優秀です。
こちらのチーズは、500gで3.70ドル、296円で購入できます。
同じブランドのブロックチーズが売っていて、金額は少し安いですが、毎回、スライスする手間を考えると、スライスチーズのこれが最強だと思っております。
味に関しては、サンドイッチに入れるうえでは、クセがなく、美味しいです。単体で食べるようなチーズではないため、十分な味です。

ワイン

ぶどうがよく取れる気候であることもあって、ワインは種類も豊富で安いです。
特に、私は、毎日ワインを飲んでいますが、
こちらのワインは、4Lで12ドル、960円で売られております。
ワインは1本750mlが主流ですので、5.3本分なので、1本当たり180円です。
劇的な安さですよね。
味に関しては、Medium Dryということで、キレがよく、とても飲みやすいです。私は、このワインの味で大満足です。

結論

私の、オーストラリアアデレードでの、食費の節約方法をご紹介いたしました。
こちらの、食材をメインに使うだけで、無理することなく、月2万円ほどの食費に抑えることができます。

タイトルとURLをコピーしました