ミニマリストがオススメするキャンプ用品 テント編

ミニマリストが選ぶキャンプ用品 テント編

ミニマリストが選ぶキャンプ用品 テント編

ミニマリスト9年目、
キャンパー10年目、

そんな私が行きついた、
最高のテントがこちらです。

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型
22,000円(2019年5月20日時点)

基本的には、
ミニマリストとしては、
可能であれば、
テントも、
現地調達が最善だと思います。
まず、荷物が減らせますし、
現地の経済も回せます。

現地調達が最善。と考えた上で、
このテントを持参することが、
ミニマリスト的に、
最善な理由をお伝えいたします。

ミニマリストポイント

軽量コンパクト

畳んだ状態が、とてもコンパクトです。
40cmX15cmX15cmのサイズになります。
バックパックにも入れられますし、
バイクや自転車の荷台に乗せていても、
嵩張りません。

タフ

50回ほど使用していますが、
いまだに、不具合がないです。
ほつれや、裂けがで始めることは、
覚悟していたのですが、
現在も、
新品同様の機能性で使えております。

月灯りの下でも設営可能

このテントの名称、
ムーンライトテント 1型というのですが、
名称の由来が、
月灯りの下でも、
素早く設営ができるから、
なんですって。

。。。
機能性のスゴさもさる事ながら、
オシャレさに、
心を持って行かれています。
カッコいい。。。

すでに、50回くらい設営をしていると、
このテントの下に敷く、
ブルーシートを設置した後から、
このテントを完成させるまで、
焦らずやって、
5分で終わります。
急げば、3分で終わります。

燃えづらい

キャンプは、
多くの場合、
見ず知らずの他人が、
近くまで接近できる場所で、
テントを立てます。

防犯上、
何があるか分からない中で、
テントが燃えづらいのは、
夜眠る時に、
大きな安心材料になります。

寝苦しい夜でも快適な通気性

寝転んだ体勢の状態での、
足元部分と、頭の上部分を、
メッシュのみに出来ます。

なので、
網戸だけにして、
窓全開で寝ている感じに、
風が通ってくれます。

小さなテント内を、
体を直接冷やすように、
風が通る感じが、
すごく気持ちいいです。

大雨でも、雨が染みない防水性

テントを、覆い隠すように、
雨から守ってくれる、
フライシートが付属していて、
大雨が降っていても、
テント内が、
雨に浸水されることはありません。

日本一周をしていた際、
何回も、
雨とご一緒させて頂きましたが、
テント内に入られることはありませんでした。

レンタルのテントは高い

上記のミニマリストポイントを含む、
大変優秀なテント、
モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型と比較をすると、
レンタルのテントは、
機能性が低い上、
レンタル料、3000〜5000円など、
結構エグってくる金額なのです。

ぜひ、
モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型を、
使ってみて下さい。
グリーンだけでなく、
アイボリーもあります。


モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型
22,000円(2019年5月20日時点)

タイトルとURLをコピーしました