一人暮らしのミニマリストの部屋 東京編

一人暮らしのミニマリストの部屋


こちらの記事では、
私が東京に在住していた際の、
部屋をご紹介いたします。

私は、
2011年からミニマリスト生活を始めた、
ミニマリスト9年目です。(2019年5月現在)

他のミニマリストの部屋を見たことがある方は、
モノの少なさに驚かれたと思います。

私の部屋もご多分に漏れず、
何もなかったです。

1つ違うのは、
考え事が好きで、
壁一面をホワイトボードにしていました。
詳細は、画像でご紹介いたします。

間取り図

一人暮らしのミニマリストの割には、
広い部屋に住んでいました。
同じ間取りの部屋で、
2人暮らしをする方もいるくらいなので、
かなり贅沢をしていたと思います。

私は、
とにかく何もない広い空間が好きだったので、
割と広めの部屋に住んでいました。
正直、

モノの量で言えば、
3畳でも生きていけます。

室内写真

キッチン側

何もないです。

テーブルも、
椅子も、
何もかも、
持ってなかったので、
室内はガランとした状態です。

ミニマリストにも様々な方がいらっしゃいますが、
とにかく私は、
何もない空間が好きです。

なので、
結局家具は買いませんでした。

寝るときは、
寝袋で寝ていました。
この写真を撮った際は、
左側の扉の奥に置かれています。

バルコニー側

室内には、
変わらず何もないです。

バルコニーには、
太陽光発電システムと、
水耕栽培キットが、
置いてあります。

水耕栽培の水ポンプも、
太陽光発電の電気で回していたので、
エネルギーフリーで、
電気代0円でした。

スマホやパソコンの充電も、
太陽光発電の電気を使っていました。

都内の真東向きの部屋でしたが、
それでも電気がなくなってしまうことは、
ほとんどなかったです。
分厚い曇りが、
数日連続で続かない限り、
電気がなくなることはありませんでした。

ホワイトボード

この写真を撮った時には、
まだホワイトボード(ボードというより、シート)を、
設置しておらず、
写っておりませんが、
下の写真の左側の壁一面を、
ホワイトボードにしていました。

考え事が大好きな人間なので、
この何もない空間で、
考えを巡らせて、
ホワイトボードを使って思案しているときは、
至福の時間でした。

ここからは、
実際のホワイトボードの写真です。
こちらは、
自分で考えたことの記録用に撮っただけなので、
汚めですが、こんな感じです。
ちなみに、
部屋の壁がかなりデコボコしていて、
シートの端が浮いていました。
ちゃんとテープで補強したら浮くこともなくなりました。
補強後の写真がないので、こんな感じです。

内容はお気になさらず!笑
この写真のときは、
全ての自分の支出は、
エネルギーに対する対価と仮定した時に、
自分はどんなエネルギーを使っていて、
そのエネルギーを自給自足できないのか?
的なことを考えていた気がします。。。

こんな感じで、
ランダムにメモしたり、
図を描いてみたり、
体系的に整理してみたり、
ホワイトボードがあると、
考え事が捗るので、
とても重宝していました。

ちなみに、
私が購入したホワイトシートは、
こちらです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07HCKMYZT/ref=dp_cerb_2
考え事が好きな方は、
ぜひ真似してみてください。

タイトルとURLをコピーしました