ミニマリストがオススメするキャンプ用品 クッカー編

ミニマリストが選ぶキャンプ用品 クッカー編

ミニマリスト9年目、
キャンパー10年目、
そんな私が行きついた、
最高のクッカー
がこちらです。

スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008
2,538円
(2019年5月16日時点)


基本的には、
ミニマリストとしては、
道具も食料も、
現地調達が最善だと思います。
まず、荷物が減らせますし、
現地の経済も回せます。

現地調達が最善。と考えた上で、
このクッカーを持参することが、
ミニマリスト的に、
最善な理由をお伝えいたします。

ミニマリストポイント

1つで4役

これ1つで、
4つの道具を、
持たなくて済みます。

1、鍋     茹でる、煮る
2、フライパン 焼く
3、食器    食べる
4、コップ   飲む
これらを全て1つにまとめられます。

フタを、食器として使えます。

普通のコップより、
だいぶ大きいですが、
本体をコップ代わりにしても、
飲みづらくないちょうど良さです。

コンパクト

僕がトレック 900を好きなのは、
この絶妙なサイズです。

一人分の食事を作るのに、
ぴったりサイズ。


これより大きくては、
嵩張りすぎる。
これより小さいと、
使い勝手が悪い。
ピッタシなんです。

また、
クッカーの中に、
コンパクトバーナーを、
ちょうど収納できる
のが、
最高です。

タフ

2013年から、
毎年10回程度使い続けていますが、
取手も頑丈で、グラつきません。
傷、凹み、もつきにくいです。

いつでもどこでも使える

調理道具の、
現地調達や、
レンタルも良いですが、
手続きの手間がミニマルでない上、
そもそもレンタル出来ない場所も多いです。

現地調達や、レンタルしづらい調理道具は、
持参の方が、
結果、手間が省けます。

これ1つ持っていれば、
いつでも食事ができます。

使い捨てのアルミ鍋との比較

ミニマリストとしては、
現地調達できる物を、
常に優先します。

こちらのクッカーが、
持っている機能を、
代替するものとしては、
アルミ鍋があります。
焼く、煮る、茹でる、できます。


そんな、現地調達できる、アルミ鍋があるのに、
このクッカーを使うメリットを記載します。

調理している最中の取り扱いが楽

取手が付いている分、
角度を変えたり、
持ち上げたり、
動かないように抑えたりしやすいです。

アルミ鍋の残量を気にして、
買い物する手間が省ける

アルミ鍋は、
どこにでも売っているわけではないので、
今、買っておくべきか、
後で買うか、
気にする手間が掛かります。
また、
アルミ鍋の残量が無くなった時に、
どこにもアルミ皿が売っていないと詰みます。

残りのアルミ鍋を、
結局、
収めるサイズを確保することを考えると、
クッカーの方が使い勝手が良いです。

取り皿を別で用意する必要がない

アルミ鍋自体は、
取り皿やコップとして使うのは、
使いづらいので、
別途、
取り皿+コップが必要になります。

ぜひ、トレック900を使ってみてください!

スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008
2,538円
(2019年5月16日時点)

タイトルとURLをコピーしました