【IoT家電製品】セサミ スマートロックで、もうカギを無くさない【一人暮らしのミニマリスト】

もうカギを無くさない
IoT家電で面倒くさいを断捨離 カギ編

もうカギを失くさない  IoT家電  スマートロックで  カギを断捨離

ミニマリスト9年目の私は、
日常の面倒くさいを最小化することも、
大好きです。

究極、何もしないで、
生きていけたら最高だなと、
思っています。笑

私が、実践していた、
IoT機器を使用した、
面倒くさいの断捨離をご紹介いたします。

今後、
鍵を無くすことがなくなる、
IoT機器がこちら。

セサミ スマートロック
19,800円(2019年5月18日現在)

工事不要のスマートロックで、
ほとんどの家庭の家のカギに、
設置することができます。

ミニマリストポイント

セサミで、
どのようにして、
日常の面倒くささを、
解消することができるのか。
ミニマリストポイントをご紹介いたします。

鍵を探す手間が省ける

セサミは、
スマホやApple Watchで、
鍵の開け閉めができます。

そのため、
カバンの中から、
鍵を探す手間が省けます。

また、
手ぶら解除機能を、
ONにしていれば、
家に近づくだけで、
鍵が開きます。

鍵の紛失リスクがなくなる

鍵を持って家を出る必要がありません。
なので、
鍵を無くすことが、なくなります。

鍵の紛失は、
とにかく面倒です。

まず、
無くした鍵で、
家に入れる状態にしておくのは、
防犯上危険なため、
家の鍵を交換する、
手間とお金が掛かります。

鍵だけ拾われても、
家がわからないだろうと、
鍵を交換せずにいても、
賃貸なら、
引っ越しする時に、
鍵交換費用が掛かります。
オートロック付きの集合住宅であれば、
届出が必要です。

こんな面倒なことに、
立ち会うリスクがゼロになります。

持ち物が少なくなる

ミニマリストを極めれば極めるほど、
手ぶらで外出できるようになります。
スマホ1つで外出を、
できるようになったのに、
鍵だけはどうしても持っていないといけない。
結構ストレスです。

スマホの背面に、
鍵を入れておける、
スマホカバーもありますが、
スマホ使用時に、
割と邪魔です。

鍵を持たない状態が、ベストです。

これで、晴れて、
本当に、スマホ1つで外出できます。

合鍵を渡す時に楽

家族でも、
恋人でも、
合鍵を渡す時に、
鍵を渡す必要がなくなります。

紛失リスクも減りますし、
合鍵を返してもらう、
必要がなくなります。

スマホにアプリをインストールして、
鍵の操作の許可を設定すれば、
家族でも、恋人でも、
誰でも鍵の開け閉めができます。

鍵を返してもらいたい時は、
自分のスマホで、
鍵の操作の許可を外すだけで、
簡単に、鍵を返してもらいます。

防犯面でも、安心して生きれる。

セサミは、鍵の開け閉めを確認すると、
開閉状況を通知で知らせてくれます。

万が一、
泥棒が鍵を開けた場合も、
鍵の開閉の許可をしていた人が、
内緒で、部屋に侵入しようとしても、
鍵の開閉の、全て通知を受け取れます。
また、履歴が残るので、証拠としても使えます。

これで、毎日安心して、出かけられますね。

宅配便を、家に置いておいてくれる。

これは、番外編です。

私が、都内に住んでいた時、
不在時の宅配便の受け取りを、
玄関の中に、置いてもらう形で、
受け取ってもらいました。

方法としては、家の近くに来た時に、
宅配業者さんに電話を掛けてもらい、
私が、遠隔で玄関の鍵を開けて、
玄関に荷物を置いてもらいました。

解錠後、15秒経つと、
鍵が閉まる形にしていたので、
防犯面でも安心です。
万が一、
宅配業者さんが、
部屋を物色してから、
出ようとすると、
再度鍵を開ける必要があります。
鍵の開閉は、
全て、通知されるので、
分かります。

結局、部屋を物色されたことは、
ありませんでした。

宅配業者さんとしても、
再配達の手間がなくなるので、
喜ばれておりました。
ちなみに、
全ての宅配業者さんが、
OKだった訳ではないです。

こんなにも、
日常の面倒くさいから解放してくれる、
セサミ。
是非、使ってみてください。
セサミ スマートロック
19,800円(2019年5月18日現在)

タイトルとURLをコピーしました