リモコンフリーで部屋がスッキリ IoT家電で面倒くさいを断捨離

リモコンフリーで部屋がスッキリ
IoT家電で面倒くさいを断捨離

ミニマリスト9年目の私は、
日常の面倒くさいを最小化することも、
大好きです。

究極、何もしないで、
生きていけたら最高だなと、
思っています。笑

私が、実践していた、
IoT機器を使用した、
面倒くさいの断捨離をご紹介いたします。

リモコンフリーで、
部屋をスッキリさせられる、
IoT機器がこちら。

Nature Remo mini 家電コントローラー REMO2W1
7,538円(2019年5月19日現在)

部屋中の家電のリモコンを、
1つにまとめることができる、
家電コントローラーです。
スマホで、全ての家電を操作できます。

ミニマリストポイント

Nature Remo miniで、
どのようにして、
日常の面倒くささを、
断捨離できるのか。
ミニマリストポイントをご紹介いたします。

リモコンを探す手間が省ける

毎日、数回はある、
エアコンのリモコンは、どこだー
テレビのリモコンは、どこだー
照明のリモコンは、どこだー
など、
部屋のリモコンを探す手間が無くなります。
手に持っているスマホで、
すぐに家電を操作できます。

家電の消し忘れがなくなる

家から300m離れたら、
全ての家電をOFFにする。
など、
スマホのGPSを使って、
家電のON/OFFをコントロールできます。

特定の場所に着いたら、
または、
特定の場所から出たら、
など、様々な条件を設定できるので、
それぞれの生活にあった、
家電のOFF設定ができるので、
むちゃくちゃ便利です。

部屋がスッキリする

ミニマリストを極めれば極めるほど、
部屋にものが少なくなっていきます。

ですが、
必要だから断捨離できないと、
最後の最後まで残るのが、
リモコンです。

そんな、最後の砦、
リモコン軍を、
断捨離して、
部屋から、
小物を全て断捨離できる。
と言っても良いでしょう。
部屋の見た目を、
スッキリさせることができます。

家に着いた時に、夏は涼しい、冬は暖かい。

スマホのGPSを使って、
家電のON/OFFをコントロールできます。

なので、半径300m以内に入ったら、
冷房を24℃でON。
暖房を21℃でON。
など、モード+気温で合わせて、
コントロール出来ます。

これにより、
家に着いた瞬間に、
ちょうど良い温度になっている状態を、
作ることができます。

こちらのポイント、
説明をするたびに、
「あー、そうなんだ。」と、
良さをあまり共感してもらえない、
ポイントなのですが、
実際に、体験してもらうと、
百発百中で感動してもらえます。

温度センサーが正確

このNature Remo miniは、
温度センサーも付いており、
温度が、27℃を超えたら、冷房ON。
12℃を下回ったら、暖房ONなど、
こちらが不快感を感じ始める前に、
エアコンをコントロールしてくれます。

この温度センサーなんですが、
他の家電コントローラーだと、
5℃以上ズレていたりします。
使い物になりません。

Nature Remo miniのセンサーは、
温度センサーが正確で、
自分の感覚通りに、
動いてくれるのが、
快適でしょうがありません。

ベッドに入ってから、電気を消せる

このNature Remo miniがあれば、
寝る直前に、
立ち上がって、
電気を消す手間を断捨離することができます。
あの、ウトウトし始めた時に、
ぬくぬくしたお布団から抜け出して、
電気を消さなければいけない、
あの辛さ。
これで解決。

朝、気持ち良く目覚められる

音だけで、
目を覚ますのが辛い方、
辛いですよね。
僕も、陽が昇る前に起きなければいけない時、
辛くて辛くて、しょうがなかったです。

そんな時に、
このNature Remo miniの設定を、
起きたい時間に、
部屋の照明をMAXにすると、
勝手に脳が覚醒してくれるので、
朝起きる時の辛さが、
かなり軽減します。

こんなにも、
日常の面倒くささを断捨離してくれる、
Nature Remo mini。
是非、使ってみてください。
Nature Remo mini 家電コントローラー REMO2W1
7,538円(2019年5月19日現在)

タイトルとURLをコピーしました