【年商2億】HSPの仕事が辛い13の理由と解決策【逃げてOK】

【年商2億】HSPの仕事が辛い13の理由と解決策【逃げてOK】

■仕事がツラい。
■HSPは、どうしたら楽しく生きれるの?
この記事は、あなたのこんなお悩みにお応えします。

結論として、逃げましょう。
HSPでも後ろめたさを感じない逃げ方を解説します。

私も、逃げました。
「1年で2億円を稼げる人生」に激変しました。

HSPが仕事がツラい状況から脱出する方法をご紹介いたします。

【年商2億】HSPの仕事が辛い13の理由と解決策【逃げてOK】

✔️もくじ
・HSPの仕事がツラい理由
・HSPに合わない職業8選
・HSPが意識するべき強み
・HSPが目指すべき生き方

・本記事であなたが得られること

辛い環境から、うまく逃げる方法を知ることができます。

・本記事の信頼性
この記事の内容は、脳神経や、心理学、精神分析学を軸にした、HSPの研究を基にして書かれています。

私も20代の時に逃げました。

私も、HSPです。
新卒から5年間、会社が辛くてしょうがなかったです。
上司のパワハラ
鳴り続ける電話
溢れだすタスク
毎晩ある飲み会
そして
音信不通
自殺未遂

この環境から逃げないと。
朝から晩まで、HSPが楽しく生きる方法を、研究しまくりました。

逃げて、年商2億を達成しました。

HSPは才能に溢れています。

仕事がツラいなら逃げましょう。

HSPが仕事を辛く感じる理由

まずは、HSPが仕事が辛く感じる理由を解説します。

ここを理解せずに逃げてしまうと、次の環境でも辛くなります。
HSPのあなたが、なぜ今の環境がツラいのか。
どんな環境なら、ツラくないのか?

HSPの研究によると、HSPが辛く感じる環境は以下の通りです。

・対立が多い
・作業が単調
・音が騒々しい
・電話を掛ける
・マルチタスク
・人に指示を出す
・興味を持てない
・殺伐としている
・競争を強いられる
・失敗リスクが大きい
・押し売りを強いられる
・グループでの共同作業
・厳密に行動や時間を管理される

これらの環境にいると、HSPは特にツラさを感じやすいです。

HSPの方は、小さな違和感にすぐ気付きます。
他人の負の感情、イライラを感じ取ってしまいます。

他の人たちは、気付きません。
あなたの辛さも理解ができません。
これは、どうしようもないです。
諦めましょう、周りに理解してもらうことは。

小さな段差と同じです。
多くの人が、存在すら知りません。
でも、車椅子の人には、大きなツラい存在です。

周りの人は、悪意で無視している訳ではありません。
分からないのです。

あなたは、段差のない道を、
HSPが楽しく生きれる環境を、
見つけて生きていきましょう。

HSPに合わない職業 辛い仕事

代表的な、HSPが付くべきではない職種を解説いたします。

営業

ダメ、ゼッタイ。
ノルマが確実にあります。
必然と競争する環境です。
対立してでも自分の意見を通すこともあります。
電話もたくさん掛けます。
たくさん、怒られます。
マルチタスクも山のようにあります。
地獄です。

事務

電話とマルチタスクが一番、ツラいです。
毎日単調で、飽きを感じやすい。
そして、事務に興味をもつことも難しいです。

土木作業員

※黙々と作業できるタイプの土木作業員は、OKです。
工事現場で、常に大きな音がするような仕事はNGです。

工場作業員

人と接触しないので、一見HSPに良さそうですよね。
そんな落とし穴が、工場作業員です。
単調さが苦しいのです。
頭が豊かな創造的なHSPにとって、慣れたらすぐに苦痛になってしまいます。

コールセンター

朝から晩まで電話しっぱなしです。
声色だけで、多くの感情を受け取ってしまいます。
避けましょう。

クレーム処理

説明不要です。
負の感情を、受け取りやすいです。
ダメです。

アパレル

営業と似ています。
お店が売りたい商品をオススメし、買ってもらう。
押し売りを感じてしまいます。
多くの人と接触する必要があります。

飲食

マルチタスクの山です。
常にやることに溢れており、間に合うことなどありません。
体育会系の環境が多く、人付き合いにも疲れます。
避けましょう。

HSPが意識するべき強み 【辛い仕事から逃げよう】

さて、これからは、逃げた後の人生を豊かにする話です。
HSPは、才能に溢れています。
HSPは、選ばれし物なのです。

ツラい環境の項目で、HSPは多くのことに気付いてしまう話をしました。
それは、強みでもあります。
HSPは、誰も気づかない点に、気付くことができます。

楽しい環境で、能力を発揮すると、あなたは天才になれるのです。

私は、HSPに合う働き方を突き詰めてから、「1年で2億」稼ぎました。
さあ、HSPのあなたが主役の世界を始めましょう。

HSPの強みを箇条書きで表すと、以下のようになります。

・詳細思考
・創造性に富む
・本質を見抜く
・目標に献身的
・行動規律に忠実
・高い課題解決能力
・公平であることに敏感
・人の話を聞くのが上手
・独立して考えて行動できる
・深く情報を処理し、考え抜ける
・人の感情やニーズを察知できる
・細かいニュアンスを理解できる
・表情や声色だけで相手を理解できる

これらのことを、学校などで感じたことがあると思います。
なかったとしたら、優しすぎます。笑
そんなそんな、私なんて、僕なんて。なんて。

あなたは、選ばれしHSPなのです。

HSPに合う職業 【辛い仕事から逃げよう】

特に、オススメする3つの職業をご紹介いたします。
HSPの研究に基づいて解説いたします。

プログラマー・エンジニア

最初にして、最もオススメな職種です。

未経験者が想像するよりも、
プログラミングは、創造的なプロセスです。
詳細思考で、細部にまで目が行き届く上、
強い直感力を持っているHSPには有利な職業です。

ソフトウェア開発、ウェブサイト開発など、
技術的な知識を必要とするあらゆる役割において、
深く情報を処理し、考え抜けるHSPは、
明確な優位性を持っています。

また、よりリラックスした雰囲気の中で、
リモートワークできる案件が多く、
明確に、HSPに、有利です。

HSPにとって、プログラマーが適職である理由を、こちらで詳細に解説しております。

ブロガー・ウェブライティング

プログラマーに次いで、HSPにオススメの職業です。

家で働くことは、HSPの最高の仕事です。
なぜなら、周囲の環境、騒音や、視線などを全く気にせずに仕事に集中できるからです。

すべての単語が正しく綴られ、すべての文法がうまくまとめられていること。
伝えたいことと、言葉のニュアンスがマッチしている感覚の高さ。
HSPが優位であるポイントはいくつもあります。

さらに、これらの人材を必要としている人や組織はたくさんあります。
例えば、出版社、ニュースサイト、著者、日本語が不得意な人などです。

フリーランスとしても活躍できます。
フリーランスになるのは、HSPにとって夢のようなことです。

なぜなら、時間に縛られることが窮屈なHSPにとって、
仕事量を調節できる環境が手に入るからです。

会社経営者

職種というと、経営者という選択肢が出てこない人もいるかもしれません。
HSPにとって、経営者は理想的な職業です。


実際に、HSP度合いの高い私が、経営者として「1年で2億円」稼いでいます。

多くのHSPは、自分が会社経営やリーダーシップの素養がないかのように、勘違いをしている人がいます。
それは、正しくありません。

HSPは、会社のトップとして強力な力を発揮することができます。

服屋、喫茶店、飲食店など、成功している個人経営や小規模のビジネスの多くは、HSPが率いることで成功を収めています。
HSPは、カスタマー視点に立ち、居心地の良い、落ち着いた雰囲気を作り出したり、目に留まる空間をデザインすることが得意です。
また、顧客に満足してもらえるよう努め、仕事を楽しむスタッフチームを構築することができます。

ビジネスのビジョンを持っている方であれば、会社経営は良い選択肢です。

もっとHSPに合う職種が気になる方は、こちら。
HSPにオススメの職種58選

まとめ:【年商2億】HSPの仕事が辛い13の理由と解決策【逃げてOK】

【年商2億】HSPの仕事が辛い13の理由と解決策【逃げてOK】

こちらの記事では、
■仕事がツラい。
■HSPは、どうしたら楽しく生きれるの?
という方向けに、HSPの仕事が辛い13の理由と解決策をご紹介いたしました。

結論として、逃げましょう。
逃げ方さえ知ってしまえば、後ろめたさもありません。
また、楽しい上に、稼げる環境に行くことができます。

私も、逃げました。
「1年で2億円を稼げる人生」に激変しました。

逃げましょう。

タイトルとURLをコピーしました