【内向型HSPの仕事】ポストコロナは内向型HSPの時代

【内向型HSPの仕事】ポストコロナは内向型HSPの時代

内向型HSPで、仕事できるか不安

内向型HSP活躍する方法を知りたい

この記事は、あなたのこんなお悩みにお応えします。

結論として、2020年代は、内向型HSPの時代です。

コロナウイルスが蔓延した後の世界(ウィズコロナ→ポストコロナ)での、社会がどう変化するか。
そして、その変化が、なぜ内向型HSP有利だと言えるのか。
そこを解説いたします。

【内向型HSPの仕事】ポストコロナは内向型HSPの時代

✔️もくじ
・リモートワークが増える   【働き方の変化】
・オンライン学習の質が高くなる【学び方の変化】
・会話が減りチャットが増える 【コミュニケーションの変化】
・相手の目を見て話さなくて良い【会話の変化】

・本記事であなたが得られること

2020年以降は、あなたに有利な時代です。

・本記事の信頼性
こちらの記事は、コロナウイルスに関する研究データや、働き方の変化に関する調査結果を根拠としております。

私も、極端な内向型HSPですので、2020年以降の社会で活躍できるよう行動しています。
それでは、2020年代が、あなたの時代である理由を解説いたします。

リモートワークが増える 【内向型HSPの仕事】

2020年以降は、確実にリモートワークが増えます。

なぜなら、64.2%もの人がオフィスワークよりもリモートワークの方が効率的だと、認識しているからです。
【働き方改革 意識調査】オフィスワークとリモートワーク、仕事効率が良いのは? | まねーぶ

リモートワークが増えることで、あなたに悪影響な、刺激を大幅に減らすことができます。

減らすことのできる主な刺激は以下の通りです。

通勤中
・街の騒音
・満員電車
・周囲の車
・人混み
・悪臭
・暑い、寒い
オフィス内
・周囲の目
・周囲の会話
・突然話しかけられる恐怖
・不快な匂い
・暑すぎ、寒すぎ、乾燥しすぎなオフィス

これだけではありません。
ただ通勤して働くというだけで、かなりの量の刺激を浴びています。

外向型には、理解できない部分です。
当たり前とされていることが多いです。
ですが、内向型HSPにとって、減らすべき無駄な刺激です。

フリーランスでなくても、会社員として、「家で働く。」という選択肢が増えます。
そうすることで、刺激の少ない環境で働くことが得意な、内向型HSPのあなたが重宝されやすくなります。

外向型でも、リモートワークできてしまうので、適性の差がなくなるだけでは?
いいえ、内向型HSP有利な環境になります。
なぜなら、外向型にとって、家で仕事をすることは不得意だからです。

外向型にとっては、刺激が少なすぎます。
ストレスが溜まりやすいです。
長続きしなかったり、うまく結果が出せません。
故に、外向型にとっては、社内評価の上がりづらい状態です。

内向型HSPのあなたにとっては、自分が得意とする環境で仕事ができるようになります。従来のオフィスでの仕事から、家での仕事になることで、無駄なストレスがなくなります。

リモートワークの増加は、あなたにとって、とても有利な環境です。
会社員として、生きていきたい場合は、リモートワークを推奨している会社を選びましょう。
2020年以降、そういった会社は、確実に増えていきます。

オンライン学習の質が高くなる 【内向型HSPの仕事】

2020年以降、オンライン学習(または、e-Learning)の質が格段に上がっていきます。

オンライン学習の質が上がることで、内向型HSPのあなたが、学びやすい環境が革新的に整っていきます。

こちらは、現在学生向けの内容と捉えられがちですが、現在社会人のあなたこそ、重要な社会変化です。
人生100年時代と言われて久しい、現在では、継続的に自分の価値を高めていくことが大切です。
継続的に学び続けられる力こそ、2020年代以降に必要な、変化に対応する力を高め続けられます。

まず、1番シンプルで、大きな理由は、教室や対面での講義や授業が出来ない(または、需要が大幅に下がった)からです。
塾やスクールでの教え手たちが、従来の方法では、仕事ができなくなりました。
代替案としては、オンラインでの講義です。
学びたい人たちも、家から出ずに学び続ける方法を模索いたします。

その証拠としては、スタディサプリをはじめとして、会員数が増えていることが、大きな証拠です。

また、変化の遅い公立の学校でさえも、前倒しで予算を組み直して、オンライン学習に力を入れることが決まっております。
"1人1台タブレット"今年度中に開始へ | 日テレNEWS24

供給側も、需要側も、オンラインに流れ込むことで、一気にオンライン学習の質が上がります。

オンライン学習の質が良くなると、内向型HSPにとって、何が良いの?
静かな環境で、繰り返し授業を見れるからです。

内向型HSPは、周囲の刺激に弱いです。
ですので、うるさい環境であったり、周囲に人がいる環境よりも、1人で集中できる環境の方が、理解が早まります。

また、対面での授業と違って、分からない部分は、繰り返し聞くことができます。
それだけでなく、一時停止していて、Google検索をして理解を深めてから、再生することもできます。

内向型HSPは、頭の中で深く考えることが得意です。
オンライン学習を取り入れることで、理解が深く、早くできるようになります。

オンライン学習の質が良くなることこそ、外向型との差がなくなるだけでは?
いいえ、こちらも内向型HSP有利な環境になります。

なぜなら、外向型は、1人で勉強するよりも、複数で勉強をしたり、話し合ったりする方が、理解が深まるからです。
教室での勉強が難しかったり、グループでのディスカッションがやりづらくなる、ポストコロナの社会では、外向型にとっては、効率よく勉強することが難しくなります。

その点、内向型HSPは、勉強方法の質が高くなる分、大幅に有利になります。

会話が減りチャットが増える 【内向型HSPの仕事】

リモートワークが当たり前になるにつれて、会話やメールが減り、チャットが大幅に増えます。

これは、マイクロソフトのチームスというチャットサービスが、数ヶ月で2000万人から4400万人にまでユーザー数を大幅に増やしたことが根拠です。
Slack、同時接続ユーザー数が約10日で200万人増|ZDNet Japan

また、ビジネス向けのメッセージツール「Slack」も大幅に、ユーザー数を伸ばしています。
Microsoft Teams、新型コロナで過去1週間のユーザーが1200万人増|ITmedia

私も、以前働いていた会社で、チームスを使用していました。
実際、チームス導入以降、電話・メール・会話が大幅に減少して、チャットに集約されました。

内向型HSPにとっての、チャットのメリットは、
メールと違って、無駄な挨拶不要
会話と違って、考えてから返信できる時間がある
電話と違って、作業を中断されない

メール・電話・会話が減って、チャットが増えることは、内向型HSPにとって、良いことづくめです。
企業で働いていて、コミュニケーションで苦労している、または、これから苦労しそうな、あなたにとって有利な時代となっていきます。

コロナとは関係ないですが、堀江さんの「NO TELEPHONE」という曲は、爆笑したので、聴いてみてください。
歌詞でもありますが、2020年以降は、「Chat! Chat! Chat!」です!

相手の目を見て話さなくて良い 【内向型HSP人間が活躍できる会話の変化】

そして、1番多くの人が変化を感じているのが、ビデオ会議だと思います。

Zoomというオンライン会議システムは、2019年の12月までは、1000万ユーザーだったサービスですが、3ヶ月後には2億ユーザーに増えています。
利用者が爆増「Zoom」を使うと何が危ないのか|東洋経済オンライン

今後も、ビデオ会議が格段に増えていくことでしょう。

こちらのビデオ会議によって、相手の目を見て会話をする必要がなくなりました。
違う世界になったと言って良いほどの変化です。

内向型HSPは、脳内の思考回路が長いので、頭で考えることが得意な分、すぐにリアクションが必要な会話が苦手です。

その点、ビデオ会議ですと、メモを取りながら相手の話を聞いたり、自分が伝えたいことを画面上にまとめて話すことができます。

こうなることで、相手の話を理解して、自分の考えをまとめるスピードも速くなります。

内向型HSPも、伝えたいことをシャープに話すことができるようになります。

相手の目を見なくて良いとはいえ、メモをとっていると、話を聞いてないように思われませんか?
思われる可能性はあります。
それを極力減らす方法としては、メモの画面を、カメラの近くに置いておきましょう。

あなたの視線が、相手に向いているように思わせることができますので、タイピングをしていても、聞いていることを書き留めているのだな。と、感じてもらえます。

まとめ:【内向型HSPの仕事】ポストコロナは内向型HSPの時代

【内向型HSPの仕事】ポストコロナは内向型HSPの時代

こちらの記事では、内向型HSPで、仕事できるか不安という方向けに、内向型HSP人間が活躍する方法をご紹介いたしました。

結論として、2020年代は内向型HSPの時代です。

2020年代以降が、あなたの時代だからこそ、継続的に学習をして、活躍しましょう。

タイトルとURLをコピーしました