【料理・後片付けを断捨離する方法】一人暮らしのミニマリストがおすすめの手順

【時間が無くて困っていませんか?】
【毎日の料理・後片付けに時間が掛かっていませんか?】
この記事は、あなたのこれらのお悩みにお応えします。

【料理を断捨離する方法】一人暮らしのミニマリストがおすすめの手順

料理を断捨離する方法ミニマリストがおすすめの手順

・本記事であなたが得られること

料理・後片付けに掛かる時間が圧倒的に減ります
自由に使える時間が増えます

・本記事の信頼性
ミニマリスト9年目の私が実践している、料理・後片付けの断捨離方法です。

現在では、料理や後片付けにかかる時間は、0分です。
たまに、3分ぐらい掛ける時もあります。

一人暮らしを始めたての時の私は、全ての家事を一つ一つやっていて、仕事と家事だけで1日が終わっていました。

睡眠時間も少ない。
自由時間はない。

それを変えてくれたのが、今回ご紹介する料理と後片付けの断捨離方法です。

他の家事の断捨離方法と組み合わせることで、

控えめにいって、1日の自由時間が1時間以上増えました。


そして、今では、増えた自由時間で勉強をした結果、現在はオーストラリア移住するというチャンスを掴んでおります。

結論

こちらが、あなたの要望を叶えてくれる解決策です。
1.出前・UberEatsを頼む
2.外食に頼る
3.
食事回数を減らす
4.生で食べられる食事にする
5.包装をお皿にする
6.油を極力使わない

お悩み1:時間が無くて困っていませんか?

朝起きて、仕事して、寝て。。。
ただただそれだけの繰り返し。
もっと、ゆっくりしたい。
もっと、勉強がしたい。
もっと、遊びたい。

時間が無くて困っていませんか?
あなたの毎日を、もっと有意義にしたいです。

今回ご紹介する断捨離方法で、時間を生み出しましょう。
お悩み解決手順はこちら。

お悩み2:毎日の料理・後片付けに時間が掛かっていませんか?

朝食の準備・後片付けで10分。。。あ、もう少し長く寝ていたい。。。
お昼の準備・後片付けで20分。。。うーん、お弁当の準備に時間が掛かる。。。
夕食の準備・後片付けに60分。。。うーん、、家に帰ってから寝るまで、ゆっくりする時間がないなあ。。。

毎日の料理に時間が掛かっていませんか?
あなたの日々の、家事の時間を断捨離したいです。
1日90分も時間を断捨離することが出来たら、1年で約550時間、丸々23日分も時間が増えますよ!

今回ご紹介する断捨離方法で、時間を生み出しましょう。
お悩み解決手順はこちら。

お悩み解決手順 方法1 UberEats・出前を頼む

私がよく使っていたサービスは、Uber Eatsです。
たまに、LINEデリマで99%ポイントバックというクレイジーな企画があるので、LINEデリマも要チェックです。
1.Uber Eats、または、LINEデリマに登録します。

2.食べたい料理を検索します。

3.オーダーします。

4.受け取ります。

5.食べます。

6.容器を捨てます。

料理をする手間が、ゼロです。
買い物する手間も、ゼロです。
さらに、後片付けは容器を捨てるだけです。
ですので、食事のために掛かる時間が、ほぼゼロに出来ます。

出前よりUberEatsがおすすめなのは、出前より種類が豊富で、安いからです。
出前だと対応できない店舗が、UberEatsにはたくさん登録されているため、好みのメニューが見つかりやすいです。
また、金額も店頭と同じ値段で買えるものもあるので、出前よりも安価です。

こちらの解決方法、試してみたけど、合わないという方は、下記の解決方法をどうぞ。

お悩み解決手順 方法2 外食に頼る

THE王道。外食です。
私のおすすめは、松屋です。
なぜなら、会話不要だからです。
1.松屋の最寄りの店舗を探します。

2.入店します。

3.食券を購入します。おすすめは、ねぎ玉牛丼(ネギたっぷりプレミアム旨辛ネギたま牛めし)です。

4.席に座って、待ちます。

5.食べます。

6.帰ります。

Uber Eatsと比較をすると、移動の手間が掛かるのが難点です。
ただその分、容器を捨てる手間は省けます。
また、出前よりも作りたてが食べれるのもメリットです。

こちらの解決方法、試してみたけど、合わないという方は、下記の解決方法をどうぞ。

お悩み解決手順 方法3 食事回数を減らす

これは、健康的にもおすすめします。
私は、1日2食です。
大体、11時頃に1食目、17時頃に2食目です。
ミニマリスト界で有名な、ミニマリストしぶさんは、1日1食です。
Google検索「1日1食」で検索してみてください。
様々な体験談が出てきますが、ポジティブなものが多いです。

1.あなたの1日で、欠かせない食事時間を見つけます。
夜は家族と一緒に食事することがマスト。や、お昼は会社でランチをするのがマスト。など、
欠かすことの出来ない食事があれば、それを軸にします。

2.欠かせない食事時間が2つであれば、それ以外の食事は無しにしましょう。
欠かせない食事時間が1つであれば、それ以外で1回分、食事するタイミングを決めます。
1食だけにしても良いです。
1食と2食、両方試してみて、体と相談してみてください。
私は、2食がちょうど良いです。

3.空腹に襲われる方は、3つ試してみましょう。
【動物性タンパクを多く取る】
これは、消化するのに時間が掛かるため、次の空腹を感じるまでに時間が掛かります。
私は、ノンオイルのツナ缶と、鶏肉を茹でたものをよく食べますが、空腹を感じづらくなりました。
【低脂肪にする】
科学的根拠はよく知らないですが、脂質を減らすと空腹を感じづらいです。体験談です。笑
あと、脂質をたくさん取ると、眠くなりやすいそうなので、別の意味でもおすすめです。
【血糖値が緩やかに上がる食事にする】
白米、パン、パスタやラーメンなど、食後の血糖値が一気に上がりやすい食べ物を食べると、血糖値が下がってきたときに、空腹を感じます。
なので、白米→玄米、パン→五穀パンなど、血糖値が緩やかに上がる食事にしましょう。

これで、食事回数が減らせたと思います。
準備する手間、片付ける手間も減らせましたでしょうか。

こちらの解決方法、試してみたけど、合わないという方は、下記の解決方法をどうぞ。

お悩み解決手順 方法4 生で食べられる食事にする

食事を、生で食べられるものにするだけでも、かなり時間を節約できます。
焼く、炒める、煮る、茹でるなど、火を使うものは大抵時間がかかります。
生で食べられるものは、多くても切る作業だけなので、おすすめです。
私のおすすめは、サンドイッチです。

1.買い物をします。時間を掛けずに買い物する方法はこちらで紹介しています。
食パン・トマト・レタス・赤玉ねぎ・ケチャップ・オレガノ・ノンオイルツナ缶・ピクルスを買います。

2.洗います。

3.切ります。
トマトをスライスします。赤玉ねぎを半分にカットし皮をむきます。レタスをちぎります。

4.食パンの上に、それぞれお好みの量乗せましょう。

5.食べます。

6.食材を元の位置に戻します。

7.お皿を洗います。
食事に油分が少ないので、水洗いでサッと洗えると思います。

今までの解決方法と比較すると、時間は掛かってしまいます。
ただ、金銭面と健康面でいうと、ベターなのではないでしょうか。
私は、この組み合わせが好きすぎて、毎日食べています。
全く飽きないです。

こちらの解決方法、試してみたけど、合わないという方は、下記の解決方法をどうぞ。

お悩み解決手順 方法5 包装をお皿にする

これも、なかなかおすすめです。
そもそも料理不要ですし、お皿洗いの手間がかかりません。
お弁当やおにぎりも含まれますが、1番のおすすめは、カット野菜とサラダチキンです。

1.カット野菜とサラダチキンとノンオイルドレッシングを購入します。コンビニでも売っています。

2.カット野菜の袋を開きます。ポテトチップスの袋をみんなで食べるように、開く感じのやつです。

3.サラダチキンを乗せます。

4.ノンオイルドレッシングを掛けます。

5.食べます。

6.袋ごと捨てます。

これが、金銭面的に、一番安くて、一番手間が掛からない方法です。

こちらの解決方法、試してみたけど、合わないという方は、下記の解決方法をどうぞ。

お悩み解決手順 方法6 油を極力使わない

すごくシンプルです。
脂肪分、油分が含まれている食材を食べないことです。
後片付けの時に一番手間なのが、お皿洗いですが、お皿洗いも、油分がなければ、あまり時間は掛かりません。
健康面でも、おすすめです。

1.タンパク質は、鶏の胸肉か、ノンオイルのツナ缶にします。

2.サラダ油やオリーブオイル等は使用しません。

この2つを実践するだけで、ほとんど油を洗い流す手間が省けます。
これで、解決方法の全てです。
あなたの1日の自由時間が、増えますように。

まとめ

料理を断捨離する方法ミニマリストがおすすめの手順

この記事では、
【ミニマリスト化進めたいよ】
【もっと時間が欲しいよ】
という方向けに、料理・後片付けの断捨離方法を紹介いたしました。

料理・後片付けの断捨離で解決できるお悩みは、
1.時間が無くて困っている
2.毎日の料理・後片付けに時間が掛かっている
です。
私も、ご紹介した断捨離方法を実践してがあるだけで、控えめにいって、1日の自由時間が1時間以上増えました。
そして、今では、増えた自由時間で勉強をした結果、現在はオーストラリア移住するというチャンスを掴んでおります。

あなたの毎日が有意義になりますように。
ぜひ、試してみてください。

今回ご紹介した、6つの解決策。
1.出前・UberEatsを頼む
2.外食に頼る
3.食事回数を減らす
4.生で食べられる食事にする
5.包装をお皿にする
6.油を極力使わない

タイトルとURLをコピーしました